<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

エマ

とりあえず2巻まで読み終わったんですが、面白いわこれ。

めっさマイナー漫画なんで知らない人多いと思うんですけど。

一言で言うとメイド漫画だよメイド漫画。

ていうとえらく語弊がある、というか語弊がないはずなのに語弊があるように感じる世の中になってしまったことは悲しいとか意味わからないことを言いたいのではなく。


19世紀後半イギリスを舞台にした、萌えとか抜きのガチのメイド漫画。

伝統あるジョーンズ家の長男ウィリアム・ジョーンズ。
その元家庭教師ケリー・ストゥナー。
現在ケリーの元で働くメイド、エマ。

このウィリアムとエマの恋愛ストーリー。

といっても時代は19世紀後半。
貴族がどうとか、家柄がどうとか、そういう時代ですわ。
つまり許されざる恋なのですよ。

まぁこれは超簡潔なあらすじというかテーマというか、その程度なんですが。

ウィリアムのお父さんがなんかかっこええなぁ。

セリフに迫力がある。

というわけでウィリアムとウィリアム父の気に入った会話を載せてみる。

父「なるほど、仲を認めてくれというわけか。 ならん。絶対にならん。」

ウ「それは知ってます。それでもと言っているんです」

父「ならん」

ウ「彼女はほかのメイドとは違います。会えばわかります。」

父「会わずとも分かる。人格は問題ではない。婦人には色々と重要な役割がある。晩餐
会、舞踏会、茶会の主催、場に相応しい会話、気遣い、身につけているべき強要、キングス・イングリッシュ。一介のメイドにそれができるか」

ウ「父さんは昔言いましたね。人は紳士に生まれるのではない。紳士になるのだと。」

父「馬は素質と訓練次第で名馬にもなろう。だが猫は馬にはなれない。前提というものがある。それでもなお押し通そうというのなら、それはこの階級から自分を追放するということだ。お前には兄弟、姉妹、スティーブンス(執事)以下、100人もの使用人に対する責任というものがある。先代や先々代が築き上げてきたジョーンズ家の歴史というものがある。我欲のために与えられた当然の責務さえ放棄するのか。お前はそういう人間か。」

ウ「・・・・」

父「楡の木に葦を接ぎ木しようなどと考えるな。楡は丘に、葦は水辺に生えているのが自然で正しいことだ。自由と無秩序は違う。それを忘れるな。」






なんか長くなっちまいましたがこの会話好きだなー。
この前にもウィリアム父は
「英国はひとつだが、その中にはふたつの国がある。貴族階級と、そうでないものだ」(かなりうろ覚え)
みたいなことを言ったりするんですが。
この父、まぁ、一番の障害ですわ。
現時点での最大手ボス。

でもこの威厳がすごい好き。

父いいよ父。





まぁ父の宣伝もいいんですけど「エマ」、ひさびさに真面目に面白い漫画です。教養つきそう。

また読み進めたら宣伝するかも。
ポチ * 音楽とかアニメとか漫画とか * 03:06 * comments(0) * trackbacks(0)

榊原ゆいにハマリ始めたかもしれない

●Love☆Emergency/榊原ゆい

遥か遠くな 何億光年 偶然受信(ひる)った 恋のelectric wave
やけど 望遠鏡なんかじゃ 心の中まで見えへんよね

こんな気持ちアクセクしちゃって いつもアカンくなるから
だけど伝えたい想い もぅ止められない!

宇宙に広がる未来を この手につかまえたら
誰もアタシの邪魔なんてさせへんから

Love? … Do you love me?? 片時も離れず 心繋いで
チャンスは一度っきりなんて 誰が決めたん
キミの心 着陸準備はOK? 届きますようにとキラリ流れて

少しても距離縮めたくって 独りよがりな強行突破も
大気圏突入する頃には 自爆しそうな感じ

溜息で曇ってた 窓に何度も書いたラブレタ−
だけどこんなんしてても 伝わらへんし…

この瞳に映るもの 全部キミへと繋がる
見渡す限りの★(ほし) キミに見せたい
Love? … Come to love me?? 辿り着く 本気で覚悟して!
二度と戻られへん キミと出逢ってしまって 運命やってメチャ信じてんねんから
切ないこの願いは ホロリこぼれてく

アタシの中で生まれた 一つの輝く『想い星』 いつか
キミの未来に降り注いで 照らしてあげたいのだ…

宇宙に広がる未来を この手につかまえたら
キミのハ−トに交信(アクセス)できるんかな
Love? … Do you love me?? いっつも離れず 心繋いで
三度目の正直って言葉 叶いますように
アタシの勇気 発進準備はOK! 迷わず飛び出してキミのもとへ!!


なんだろ。
こういうテンポの曲大好き。
ノリやすいというか、強いて言うなら踊りたくなるようなというか。
音を聞いてて気が楽になってくる。
何回かループしてますけどこの速すぎくてダルすぎないこのノリノリ感はすごいいいわ。
あと関西弁ね。
あまりの関西弁っぷりに歌詞載せてしまった。
関西弁いいよ関西弁。






というわけで最近ちょっとだけ気になってるので榊原ゆいさんをちょっとだけ集めてみました。
手当たり次第に適当に20曲弱ほど。
そこそこいいのを数曲紹介。
見つかった曲はリンク貼ってあります。

●You Make Me
題名見たらわかりますけど「ゆ・め・く・み」のOP。
ありがちなAメロからありがちなサビにつながるありがちな曲なんですが。
このありがちが割と綺麗な曲なんですよねー。
聞いてて爽快。
あとラストのサビにつなぐ瞬間の間が素敵。
あと「ゆめくみ」の使い方が強引だけどやっぱすげぇ。
余談ですが以前「メイドさんしぃーしぃー」という病気なタイトルのゲームを見つけまして、そのOPのタイトルが「She See Love」だったんですが、なんか、聞いてて悲しくなりました。電波曲にもやり方ってもんがあるでしょうに・・・

Beautiful Harmony
ぶらばん! のOP。
これもまぁ、ノレる曲ってことなんですかね。
これもわりと爽快感が売りの曲ですねぇ。
これずっとshortばっかり聞いてたんですけど、これフルだったらもっといいんだろうなぁ、という謎な確信があった曲で、フル聞いたらなんか一気に評価があがりました。
何がいいってもんでもないけどなんかいい曲。

Eternal Destiny
夜明け前より瑠璃色なOP。
序盤が初見だと綺麗ですが慣れるとウザくなってくる。
ただしサビの盛り上がりすぎないスピード感とかそういうところのかっこよさはかなり。
割と映像とセットで映える曲かも。

●Jewelry Days
うーん。かっこいい曲なんですけど何か足りないというか。
スピード感はあるんだけど何か足りないというか。
でもなんだかんだでどうなんだと言われれば高評価というか。
ポチ * 音楽とかアニメとか漫画とか * 01:54 * comments(0) * trackbacks(0)

1週間ほどでゲトした曲とか。

Love Cheat!
いただきじゃんがりあんRのOP。
み〜こさんっていう今までマジで知らなかった人なんですが。
電波は普通受け入れないタイプなのですが、なんか、音楽的にどうとか、そういうのを思いっきりそらした部分でツボにはまってしまった。
前奏からわりとこのアホなノリは好きなんですが歌詞の遊びっぷりにやられた。
はじめはボーッとムービー見ただけで、3日くらいたってもう一回ムービー見たら急にビビっときてファイル探して聞きまくった。
気がついたら再生回数がおかしくなってた。
ショートでも十分遊んでますがフルはもっと遊んでます。
○溢れるほどに募るこの思い 制服の内側のポケットに
大事にしまっておいたつもりで洗濯機でメリーゴーランド

○いきなり泣いてみたり 派手に転んでみたり よそ見して体当たり  実は計算どおり!

●明日のプリズム
平野綾。
なんか、違うよな。
なんか、違う。
ひたすらにしっくりこない。
この声でこれを歌わせるのはどうかと思うなー。
なんかハルヒ関係の曲がほぼ例外なく秀逸だっただけに期待してたこの曲には幻滅。

●ヨロコビの歌
平野綾。
明日のプリズムのカップリング曲。
明日のプリズムですでにアレだったので前奏流れた時点で終わったなと思って一回目は完全スルーの体勢で聞いていたのですが2回目聞いたら何故かキタ。
といってもいいのはサビだけなんですが、はじめはこのサビでの声ののばし方が気に入らなかったんだけどだんだんこれもいいかなぁーと。
○Let's sing a song for joy 今胸をつく高鳴る鼓動にヨロコビの歌を乗せてみんなに届けたいよ

●☆☆☆☆☆☆
榎津まお、春日りか、倉沢はるか、榊原ゆい、茶谷やすら
読み方は「むつぼしきらり」
なんだろ。このだるさとうざさ。
聞いててひたすらにウザいのにまた再生してしまうミステリー。
いらん。普通にいらん。






最近アリプロとか橋本みゆきを人間単位でゲットしまくってたのですがどうにもそれだと紹介しにくいうえに、しかも音楽記事をサボりすぎてiTunesの「最近追加した曲」がどんどん更新されてしまったりしたもんだから余計に音楽記事をサボるハメになってました。
しょうがないからここ1週間ほどでゲットした曲を並べてみました。
あぁでもここ2,3日は狂ったようにLove Cheat!を連続再生してます。
なんでこんな曲にはまるのか本気で謎。
ポチ * 音楽とかアニメとか漫画とか * 01:09 * comments(1) * trackbacks(2)

ハルヒってなんかゲシュタルト崩壊してくる。

アニメが終わっても雑誌の表紙はハルヒとD,C,2ばっかな気がします。

みなさまいかがお過ごしでしょうか。

私はなんか、いろいろと憂鬱です。涼宮ハルヒの憂鬱とか関係なしに普通に憂鬱です。


まぁそんなこたぁーえーねん。


ここ数日ハルヒ関係の音楽を「ハルヒ」フォルダにまとめて登下校とかでループループしてみたのでその感想。


●パラレルDays

キャラソンとしてはどうか分かりませんが平野さんの歌唱力がわりとちゃんとでてる感じで。
元気な曲で良い感じ。
ピアノの伴奏がきれい。

●SOSならだいじょーぶ

曲の性質がもともと好きじゃないってのもありますが、どうしてもこの曲の「ここがいいよね」が見つからない・・・・
ま、キャラソンとしてはいいんじゃないでしょうか。

●雪、無音、窓辺にて。

とりあえず先に言っておきますがセリフパート超いらねぇ。
なにこれ。これなに。
長門でキャラソンを作るとはまたキャラくずれなければいいが、てゆーか長門で歌を作ること自体キャラ壊してるよね。とか思ってましたが。
サビはほんと秀逸。
一発でキて、何回も聞いてたらさらに味がでてくる感じ。
バイオリンの伴奏もかなりイイ。ちょっとアリプロっぽいですが・・・・
多分、キャラソンの中で一番お気に入り。
ただ、セリフパートは本気でいらねぇ。

●SELECT?

初めは大してどうとも思わなかったんですが、ループしてたら味がでてきた。なんていうのかな、曲全体を掴めるようになったら、好きになってきた。
それにしてもうっまいこと透明感だしてきますね。
きれいな曲だし、響き方がいい。
本来好きなタイプの曲ではないですが、これはヨカッタ。

●見つけてHappy Life

すりーつーわん、はい☆
なにこの「可愛い」曲。狙ってるとしか思えない。
いらん。超いらん。
と思ってたんですがループしてたら分かってきた。
バックのオーケストラの流れとかすごいきれいですし、歌い方とかはともかく、この流れるノリはかなり好き。
わりとお気に入り。

●時のパズル

いちばんキャラソンらしいキャラソンかも。
これも初め完全スルーでしたが、サビは結構気に入ってきた。
やわらか曲。
間奏もいい感じ。
途中で一回音がなんていうんだろう、落ちるのもいいですね。間奏の後のとこ。

●冒険でしょでしょ?

始まり方からしてかなり好きなんですが。
平野さん声いいですね。
ノリが単純にカナーリ好き。
オーケストラもきれいだし。らっぱさんとバイオリンいいよ。
サビの中とかの文字にできないような伴奏がひとつひとつツボをついてくる。
もともと好きでしたが、一回ちゃんと、ちゃんと聞いてみたらものすごく印象変わりました。

●God Knows...

前奏からしていいのは言うまでもないが。
まぁ、普通のひょうばんと同じですが、ほんとにいいですね。
まわりの評判と同じすぎてあまり言うことないんですが、こういうちょっとハードな感じのほうが平野さんの声がいきる感じします。

●Lost my Music

はじめはGod Knows...のほうが好きでしたがループしてるうちにこっちのが好きになった。
なにがいいってか、普通にいいですねぇ。
これも一回ちゃんと聞いてみたらすごいギターとかベースとかドラムとかひとつひとつの絡み方がすごい好き。
あと間奏のギター神。

●風読みリボン

なんか、よくわかんないけどラジオの曲っぽい。
ちょい電波な感じがっ。
サビはまぁまぁ普通にいいとして、単純に曲の雰囲気的にあんまり好きになれないなぁ。
まぁ平野さんってのもあって無理矢理「好き」の分類には入るんですが。
まぁ面白い曲ではある。「期待がふわふわ」「想い出きらきら」とか。

●ハレ晴れユカイ

どうしても映像の補完能力があってこその良曲というイメージがあるんですがこれもしかしたら普通に良曲なんじゃね。と。
あとこれ各キャラ単体で歌ったバージョンありますけど、全部やっぱりなんか違和感あるんですよね。
平野さん単体でさえ違和感はある。
3人で歌う歌だなと思った。
ちなみに3人の中では茅原バージョンが好き。

●うぇるかむ Unknown

ラジオの曲。
電波です。
まぁ、まぁまぁノリはいいですが・・・
ハルヒ関係じゃなかったら普通に聞いてない。
まぁまったくダメな曲というわけではない。
面白い曲ではある。

●恋のミクル伝説

みっみっみらくるっみっくるんるん♪
てっきりこの曲の存在を忘れて後から加筆修正。
てゆーかこれ同列に並べていいのか・・・
なんていうんだろうな。
ループしてたら「味」はでてくる。
一応曲としては完成してるというか、多分普通に歌ったらそこそこの歌。
2番の歌詞が素敵。
素敵。
いつになったらおとなになれるのかなー。
作詞作曲、ハルヒ。意外とこれは才能ではないかと思うのだが。



以上。

一応好きな順番などつけてみる。


Lost my Music>冒険でしょでしょ?>雪、無音、窓辺にて=God Knows...>SELECT?>見つけて Happy Life>パラレルDays>ハレ晴レユカイ>時のパズル>風読みリボン>うぇるかむUnknown>SOSならだいじょーぶ

番外;恋のミクル伝説(どうしても順位をつけることがはばかられました。どうしても。)





地味に時間かかった・・・・
はよ寝よ・・・・






ポチ * 音楽とかアニメとか漫画とか * 02:39 * comments(2) * trackbacks(0)

最近買ったり読んだりしたマンガとか

医龍1〜5の途中

まほらば11巻

まろまゆ

AQUA1,2巻







●医龍

ドラマ見たわけじゃないですけど、某先輩が貸してくれたので読み。
普通に面白いなー。
最近なんかこういう、腐った○○社会を破天荒な性格の主人公が斬る、みたいなタイプの話が流行る傾向にあるような気がしますねぇ。
まぁ得てしてそういうタイプのマンガは面白いからいいんですけど。
でもほんとの現実から見たらこんなのも無理ありすぎなんだろうなぁ。
まぁでもそこはマンガとして普通に楽しむっていうスタンスでいいかなと。




●まほらば11

なんだろう。なんでかなぁ。クオリティがすっごい低く感じた。
もともとそれほど巧妙なキャラづくりはもとめてませんし、ただひたすらにほんわかした日常を楽しむタイプのマンガだったんですけど、なんか、今回は絶妙にキャラがダメってたイメージがある。
まぁ、あんなマンガツッコミはじめたらキリなさすぎるのでそのへんは作り話のご都合主義でいいんですけど。
まずなんか、さきちゃんの行動がうっとおしいとか。
卒業式パートはあっさりしすぎてる感じもしましたけどまぁあれでいいとしても
とりあえず桃さん結婚話のときのタマちゃんがダメすぎ。
まぁ、男がそろってヘタレキャラなマンガではありますが人の真剣な話になにも知らない小娘があそこまで口はさんできてるのにスルーってのはどうなんだ。
ふたりで決めた決定なのに信用できんとかいろいろぐだぐだ。
タマちゃん大好きだったのに株さがったなぁ。
本誌まったく見てませんから桃さんいなくなったらどうなるのかまったくしらんのですが一応このイマイチ感は今回だけだと信じましょう。
てゆーかこのマンガそろそろ終わりが近いんだろうか。


●まろまゆ

氷川へきる、ぱにぽにの人ですけど、あの人がなんか、4年くらいかけて書いてやっと単行本になったマンガ。
書き始めたのが4年前とあってそのころは現役で萌えとかの言葉が使われてたと思うんですけどマスコミとかがオタクいじりをはじめてからめっきり聞かなくなりましたね。
てゆーわけでもろに真っ向から「萌え」をテーマにした喫茶店のお話という作者の自虐とも言える作品。
なんだろ、4コマなんですけどわりと素でつまらん。
のですけど。
主人公がくるみで、あー人物使い回しかよーと思ってたらぱにぽにの世界とリンクしてる、というか、このくるみはぱにぽにのくるみと同一人物らしい。
地味にぱにぽにのほうでの事件の話とかでてきたりするし。
ということでレイちゃんとか柏木優奈さんとかもでてきちゃってます。
くるみ視点の番外編といったところか。
そういう視点で見ると面白い。
2巻でたら買うわ。何年後かしらんけど。

●AQUA1,2

とりあえず、買ってきて、読んだ。
なんだこの癒しマンガ。
ヤマなしオチなしイミなしじゃないけど、笑いもなければ緊迫感もなく、ご都合主義を極めた超ありがち展開ととにかくマンガという分野としては最悪なんですけど、もう、癒しだけでいいや。
とりあえず読んでて気持ちいいしなぁ。
あとあの画風もはまる。
なんか全体的にページが白いんですよね。
なんか、あーいう絵も描いてみたいなぁと思わせられた。
よく見たら案外手が適当だったりするんだけども。
ARIAに期待ですねぇ。
あとやっぱり、マンガよりアニメもいいなぁと思った。
やっぱりカラーだし、音楽とかも秀逸だし。
そのうち見る。そのうち。

ポチ * 音楽とかアニメとか漫画とか * 19:33 * comments(0) * trackbacks(3)
このページの先頭へ