<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< それとなく中間試験でした。 | main | この無意味感に意味がある。んだと思っておく。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

最近買ったり読んだりしたマンガとか

医龍1〜5の途中

まほらば11巻

まろまゆ

AQUA1,2巻







●医龍

ドラマ見たわけじゃないですけど、某先輩が貸してくれたので読み。
普通に面白いなー。
最近なんかこういう、腐った○○社会を破天荒な性格の主人公が斬る、みたいなタイプの話が流行る傾向にあるような気がしますねぇ。
まぁ得てしてそういうタイプのマンガは面白いからいいんですけど。
でもほんとの現実から見たらこんなのも無理ありすぎなんだろうなぁ。
まぁでもそこはマンガとして普通に楽しむっていうスタンスでいいかなと。




●まほらば11

なんだろう。なんでかなぁ。クオリティがすっごい低く感じた。
もともとそれほど巧妙なキャラづくりはもとめてませんし、ただひたすらにほんわかした日常を楽しむタイプのマンガだったんですけど、なんか、今回は絶妙にキャラがダメってたイメージがある。
まぁ、あんなマンガツッコミはじめたらキリなさすぎるのでそのへんは作り話のご都合主義でいいんですけど。
まずなんか、さきちゃんの行動がうっとおしいとか。
卒業式パートはあっさりしすぎてる感じもしましたけどまぁあれでいいとしても
とりあえず桃さん結婚話のときのタマちゃんがダメすぎ。
まぁ、男がそろってヘタレキャラなマンガではありますが人の真剣な話になにも知らない小娘があそこまで口はさんできてるのにスルーってのはどうなんだ。
ふたりで決めた決定なのに信用できんとかいろいろぐだぐだ。
タマちゃん大好きだったのに株さがったなぁ。
本誌まったく見てませんから桃さんいなくなったらどうなるのかまったくしらんのですが一応このイマイチ感は今回だけだと信じましょう。
てゆーかこのマンガそろそろ終わりが近いんだろうか。


●まろまゆ

氷川へきる、ぱにぽにの人ですけど、あの人がなんか、4年くらいかけて書いてやっと単行本になったマンガ。
書き始めたのが4年前とあってそのころは現役で萌えとかの言葉が使われてたと思うんですけどマスコミとかがオタクいじりをはじめてからめっきり聞かなくなりましたね。
てゆーわけでもろに真っ向から「萌え」をテーマにした喫茶店のお話という作者の自虐とも言える作品。
なんだろ、4コマなんですけどわりと素でつまらん。
のですけど。
主人公がくるみで、あー人物使い回しかよーと思ってたらぱにぽにの世界とリンクしてる、というか、このくるみはぱにぽにのくるみと同一人物らしい。
地味にぱにぽにのほうでの事件の話とかでてきたりするし。
ということでレイちゃんとか柏木優奈さんとかもでてきちゃってます。
くるみ視点の番外編といったところか。
そういう視点で見ると面白い。
2巻でたら買うわ。何年後かしらんけど。

●AQUA1,2

とりあえず、買ってきて、読んだ。
なんだこの癒しマンガ。
ヤマなしオチなしイミなしじゃないけど、笑いもなければ緊迫感もなく、ご都合主義を極めた超ありがち展開ととにかくマンガという分野としては最悪なんですけど、もう、癒しだけでいいや。
とりあえず読んでて気持ちいいしなぁ。
あとあの画風もはまる。
なんか全体的にページが白いんですよね。
なんか、あーいう絵も描いてみたいなぁと思わせられた。
よく見たら案外手が適当だったりするんだけども。
ARIAに期待ですねぇ。
あとやっぱり、マンガよりアニメもいいなぁと思った。
やっぱりカラーだし、音楽とかも秀逸だし。
そのうち見る。そのうち。

ポチ * 音楽とかアニメとか漫画とか * 19:33 * comments(0) * trackbacks(3)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 19:33 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

【ARIA】

ARIA『ARIA』(アリア)は天野こずえの漫画作品。「月刊ステンシル」(エニックス(現スクウェア・エニックス)刊)にて連載されていた『AQUA』(アクア)の続編として、「月刊コミックブレイド」(マッグガーデン刊)の2002年4月創刊号より連載が開始された。その後、
From このマンガが読みたい! @ 2007/07/24 11:06 PM

http://b-manga3.info/82CF82C982DB82C9/

ぱにぽに 『ぱにぽに』は、氷川へきるによる、ギャグ漫画作品(フィクション)。月刊Gファンタジー(スクウェア・エニックス刊)に連載され、単行本が2006年8月現在9巻まで刊行されている。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia
From このマンガが読みたい! @ 2007/07/29 7:07 PM

http://b-manga3.info/82DC82D982E782CE/

まほらば『まほらば』は、小島あきらによる漫画、及びそれを原作としたアニメ作品。「月刊ガンガンWING」(スクウェア・エニックス)において、2000年11月号から2006年7月号まで連載された。漫画全62話(+番外編6話)、単行本全12巻。2005年1月から6月まで、同誌連載の
From このマンガが読みたい! @ 2007/07/29 10:13 PM
このページの先頭へ